≪ act10  ¦ トップページ


act11

 11

 宿舎まで戻ると、リビングの窓際に明かりが見えた。了はつい、出入り口のドアを大きく開け放ち、中へと駆けこんだ。
「瑪瑙っ!?」
「ドアの開け閉めくらい静かに出来んのか、まったく」
 テーブルの上で新聞を広げているのはネイだった。ネイは紙面から視線を上げると、呆れたように了を睨みつけた。
「あ……ああ、ごめん」
 一瞬、瑪瑙が帰ってきたのかと思った。ネイのくすんだ金髪が、瑪瑙の艶やかなハニーブロンドに見えるなんて、頭だけではなく、目までおかしくなったようだ。
「びっくりした。どうやって中に入りこんだんだよ? 鍵、かけておいたはずだけど」
「鍵? ああ鍵か、ちゃんとかかっていたから心配するな。俺に開けられない鍵なんかこの世に存在しない」
「……いいけどさ。犯罪だぞ、それ」
 偉そうに息子の前でピッキング技術など自慢しないで欲しい。だが、ネイは了の抗議をさらりと無視して、これまた勝手に淹れたらしいコーヒーのカップを傾けた。
 彼がいつからここにいたのか知らないが、戸棚の奥から豆を見つけて、わざわざドリップして淹れたらしい。リビングにはこくのある甘く苦い香気が強くたちこめている。ネイは根っからのカフェイン中毒者なので、工房にはいつもこの香りが漂っていた。
 工房か――。もうずいぶんと長い間、帰っていないような気がする。最後に寄ったのはいつだった?

(ああ……城へ初めてあがる、前の日だ)

 そう思い返すと、あれからまだ三ヶ月も経っていなかった。色々な出来事が立て続けに起こったせいで、日付の感覚が狂っている。
「どの新聞も、フレデリカ王女一色だなあ」
 ネイは感心したように言った。
「若く愛らしい王女さまのご成婚とあれば、新聞屋どもが飛びつかないわけがないか。まるで絵本の中に住んでいる妖精みたいなお嬢さんだな。実物のフレデリカ王女もこうなのか?」
「こんな写真より、本物のフレデリカさまの方が可愛いよ」
 了は新聞を手に取り、大きく引き伸ばされたフレデリカの写真を眺めた。この深い青のドレスは確か、二日前の夜に彼女が着ていたものだ。どの写真を見ても、フレデリカは判で押したように同じ、穏やかな微笑みを浮かべている。
 可憐で美しい、心優しく清らかな乙女。
 生涯を共にする伴侶を手に入れ、国中の人間に祝福され、今結ばれようとしている。
 いわゆる〈幸せの絶頂〉というやつだ。しかし、了はフレデリカが本当は〈幸せ〉などではないと知っている。
 穏やかな微笑。だが、その裏に隠されているのは、実の兄へ寄せる叶わぬ恋慕と諦観。誰にも打ち明けられない彼女の想い。
 了が口を閉ざしていると、ネイは小さく笑った。
「まさかお前が王女殿下の側仕えになっていたとはな。見ろ、これにもそっちにも、隅っこにお前が写っているぞ」
「え? ……本当だ。いつの間に写されていたんだろう? これでも毎日大変なんだよな。フレデリカさまとヴェレさまのご結婚と同時に、王位継承式まで行われるんだから」
「王位継承ねえ」
 解せないと、ネイは低く唸る。
「本当に王位継承式なんか行われるのか? ヴェレ・フリートハイム氏は家柄や地位こそ高いが、平たくいってしまえばたかが側近じゃないか。だいたい、この婚礼はおかしくないか? 王族と貴族じゃちっともつり合わないだろう。いくら盲目の姫だからって、こんな……要らない荷物を安く払い下げるように、格下の婿を取らせるか?」
 ネイの言い分はもっともだ。
 フレデリカが強く望んで結ばれるのならまだ理解のしようもあるが、この結婚は全てが議会に仕組まれたものだ。表向きに報道された王女と臣下のくさいラブロマンスなど、一から十まで嘘っぱちだ。
「国王クルトが、王位のために兄王を亡きものとした話は知っているな?」
 了は小さく頷く。血塗られた王家の歴史。あくまで疑惑……噂だが、この国に住んでいる者で、それを知らぬ者などいないだろう。
「〈王位〉に執念を抱く国王が、たかが側近へ王位を譲渡するだろうか。いいや、そんなはずがない……まさか、噂どおり国王が本当に死んでいるのならともかく」
 どくん、と、心臓が跳ねた。了は慌てて新聞を指さし、口を開いた。
「ああ、嫌だな。こんなに大きく写されてる。国中の人がこれを読んでいるのかなあ」
「さあなあ。少なくとも、クローネの街中ではそこいらじゅうで配られていた。さてと、そろそろメンテナンスを始めるか」
 ネイは往診バッグを持ち上げ、了にソファーの上に横になるように指示した。往診バッグの中からメンテナンスキットを取り出して白衣の腕を捲り上げる。が、了は新聞を手にしてその場に突っ立ったままだった。
 もしも、この写真を瑪瑙がどこかで目にすることがあったら――。
 瑪瑙は少しでも、自分のことを思い出してくれるだろうか。
 それとももう、こんな、ただの暗殺対象でしかないヤマトの末裔のことなど忘れて、今ごろは知らない誰かと共に、新しい名前で違う人生を過ごしているのだろうか。
「……っ。そんなの、嫌だ」
「了?」
 注射器の準備をしていたネイが、怪訝な顔でこちらを眺めていた。『関わるな』ときつく言われていたが、了には瑪瑙を諦めることなど出来そうにない。
 この部屋で、このテーブルの上で、あのコーヒーカップで、一緒にハーブティーを飲んだ。
 瑪瑙の口唇から紡がれる言の葉がたとえ嘘でも、深く繋がりあったあの時の重なり合った胸の鼓動、揺れる眼差し、熱い吐息の全てが偽りだなんて思えない――とても。
「ネイ、情報屋の知り合いがいたよな? 瑪瑙を探して欲しいって、渡りをつけてくれよ。金なら……一生懸命働いて、いくらでも払う。だから」
「馬鹿か、お前? あれは暗殺者だって教えたろうが! いい加減気づけ、お前はあれにうまく誑かされただけだ。標的の好意を利用して懐にもぐりこむ専門家プロだ。そんなことも分からないのか!?」
 ネイはこめかみに血管を浮き立たせ、テーブルの上を強く叩く。陶器が耳障りな音を立てた。いつもの了なら、ネイにここまで言われれば言葉を詰まらせてしまっただろう。しかし今日は苛立ちがおさまらず、感情に任せてテーブルを叩き返して叫んだ。
「うるさい! そんなの分かってる!」
「分かっていないじゃないか!」
 ネイは医療器具を放り投げ、了の胸倉をつかみ上げた。
「ちょっと良い仕事にありついたら一丁前に色ボケか!? 頭を――」
 ごつい拳が振りかぶられる。
「冷やせ!」
 側頭部に激しい衝撃。
 しかし、了は両足に力をこめ、よろけることも、ふらつくことも拒否した。
「そんなんじゃない!」
 ネイに殴られるなんて初めてだ。
 軽く小突かれるくらいなら今まで何度もあったが、こんなふうに、目から火花が散るほどぶん殴られたことはない。ネイは皮肉屋で頑固者のオヤジだがいつも冷静で、激昂するところなど見たこともなかった。
「あれのことはもう忘れろ! それとも、脳をいじって記憶ごと消してやろうか、ええ!?」
 ネイは白衣の内側から、青紫の、見慣れぬ色の薬液が入った注射器を取り出した。
 まずい、あれを打たれると意識が吹っ飛んで、指一本動かせなくなってしまう。
「いや、だっ」
 了は獣のように養父へ飛びかかり、手の甲で注射器を床に叩き落す。ガラスが砕け散り、床の上に禍々しい色を湛えた水たまりが広がった。
「俺の心は俺だけのものだ! そうさ、ネイはいつだって正しいよ。ネイの言うことを聞いていれば今ごろ、こんな場所にいることも、こんな苦しい思いをすることもなかっただろう、きっと。でも――」
 負けない。
 この想いだけは、誰にも否定させない――!!
「間違っていたってかまうもんか! 俺はあんたの玩具でもなければ便利な機械でもない、人間だ! 騙されている? 誑かされている? だったらどうしたっていうんだ!! 俺は、俺は……っ!」
 殴り返そうとして寸手のところで思い止まったのは、ネイの顔が苦しげに強張ったからだ。同時に、父親に手を上げそうになった自分が、ひどく恐ろしいものに感じる。
 こんなやり方では駄目だ。
 考えろ、もっときちんと考えろ。思い通りにいかないから暴力をふるうなんて、ガキか馬鹿のやることだ。了は息を整えると拳をゆっくりほどいて、一番近くにあった椅子に跨って後ろ向きに腰かけた。
「なあ……どうしてネイは瑪瑙のことを呼ぶ時に、〈あれ〉なんて言い方をするんだ? 前からおかしいと思っていたんだ」
 了は静かに問いかける。ネイは淡々とした調子で答えた。
「薄汚い暗殺者の名など、口にしたくもないからだ。それに、ああいった類の人間は日替わりで名を変えるものだ。そんなものを一々覚えても仕方ないだろう?」
「ひょっとして、ネイと瑪瑙は前に会ったことがある?」
「ない。おい、ぼさっと座っていないで少しは手伝え」
 この話は終わりだとばかりに、ネイはわざと音をたてて、割れた注射器のガラスを拾い集めている。
「ふうん……。知ってた? ネイは嘘をつくとき、鼻の頭にしわが寄るって」
 はっとした顔で自分の鼻に触れるネイ。ネイは次いで了へ視線を移すと、その様子を注視していた息子に気づき、舌打ちをした。
「――嘘だよ。でも、これでネイが俺に隠し事をしているのだけは分かった」
「了」
 ネイは片付けの手を止めると、深く長いため息をついた。そして、よれよれの作業着の尻ポケットからパイプを取り出して口にくわえ、火を点けた。
「……ふん。賢しらな駆け引きばかり上手くなったものだ。そんなに知りたいか。あの忌まわしき生体兵器、実験ナンバーVV2-SS09のことを」
「生体、兵器?」
 何だそれは――?
 ネイは水色がかった灰色の瞳を細め、煙を細く吐き出した。
「どうしても知りたいのなら、教えてやろう。まったく、誰に似たのか知らんが諦めが悪い上に、このまま放っておいたらどうせ一人であちこち探り回って早死にするのが目に見えるようだからな」
「ネイ――」
「ただし」
 ネイは眼鏡の奥で、つめたく瞳を光らせる。
「お前が持っている情報と交換だ。お前だって、俺に隠していることがあるだろう? 一平卒でしかなかったお前が上層部に監視され、王族に使われているのは何故だ? 暗殺者を差し向けられるような心当たりは?」
「……それは」
「お前の敵は、何だ・・?」
「駄目だ。知ってしまえばネイも……」
 曖昧に言葉を濁そうとすると、許さないと強い眼差しに阻まれる。
「お前が話せないっていうんなら、俺だって話さない。危険かどうかはいったん聞いてみてから判断する。だいたいな、俺はまだ三十六だぞ? 追っ手の一人や二人、何だっていうんだ。いざとなったらお前を連れて、しばらく国外を脱出するくらいの蓄えも体力もある。いいか了、あんまりひとのことを年寄りあつかいするんじゃない」
「……分かったよ、父さん」


 ■■■

 カツン、カツン、カツン……。
 遠くから物音が近づいてくる。瑪瑙は床に転がったまま、意識を耳へ集中させた。しかし、大量に投与された薬物のせいで、すぐにでも意識が眠りの渦へ飲みこまれそうになってしまう。
 白と黒の横縞の服は、サイズが大きすぎて着心地が悪い。あまり空調が行き届いていないせいもあって、布地が汗で肌に貼りついてくるのが最悪だ。
 立ち上がれないのは薬物のせいだけではなかった。瑪瑙の右足首には黒鉄の輪が嵌っていて、天井から降りている同色の鎖と繋がっていた。ここまで徹底して痛めつけなくても、脱獄など企む気力はないのに。
 昼なのか、夜なのか、時間さえ分からない地下の牢獄。
 瑪瑙が繋がれているのはそこでもっとも深い、地下三階。看守の話では、三階に繋がれている〈罪人〉は現在、瑪瑙ただ一人だそうだ。
「うぅ、う」
 声を絞り出す。が、乾いてひりついたのどから漏れる、あわれな呻き声は到底己のものとは思えなかった。そうこうしているうちに物音はどんどんこちらへ近づいてきて、瑪瑙の収容されている牢獄の前で止まった。
「ほう。看守長が言っていたことは本当だったのだな。三時間おきに、致死量に近い薬剤を投与されても生きている。どのような毒をもっても、そなたを殺すことは不可能と……さすがは裏社会の暗殺者、〈隻腕の死天使〉」
 不惑を過ぎたくらいの、男の声。卑しい身分の者を見下すような声の響きからして、生まれついての貴族だろう。
 瑪瑙は首に力を入れ、ぎこちなく格子の向こうを眺める。さぞかし悪趣味な格好をしているだろうと思いきや、男が着ているものは余分な装飾のない、ダークブラウンのスーツだった。
「いや、そんな大仰な二つ名よりも、こちらの方が馴染むか――」
 自分はこの男を知っている。瑪瑙は油断するとすぐに霞む目を懸命に瞬いた。
「カルマ。クルト陛下は確かそう呼んでいたな。ヤン殿下の男妾カルマ。まさか、部下の連れて来た暗殺者がお前とは」
 そうだ、この男は――クルトの部屋で見た。喉元まで名が出かかっているのだが、薬に溶けた頭では男の名は思い出せなかった。それよりも、はるか昔に捨てた名――〈あの男〉につけられたあの名を呼ばれるのが嫌で、瑪瑙はぎりぎりと歯を食いしばった。
「皮肉なめぐり合わせだな、カルマ。結局、お前を暗殺者として〈使う〉ことは出来なかったが、あのヤマト人のことなどもう取るに足りないことだ。あいつにはせいぜいフレデリカの世話でも焼かせていればいい。教養もなさそうな野蛮なヤマト人だと思ったが、子供のお守りにはちょうどいいようだ。この国は三日後、正式に私のものとなるのだから。そうだ、いいことを思いついたぞ」
 男は、年齢の割に精悍な身体を乗り出して、格子の隙間から瑪瑙を眺め回すと、凍りつくように陰惨な笑みを浮かべた。
「三日後の、私とフレデリカとの婚礼の見世物として、お前の首を衆前にて刎ねてやろう。美しき犯罪者が処刑されるさまは、多くの民を喜ばせるだろう。どうだ、役立たずの怪物にはこれ以上ないほどの大舞台じゃないか? 正に、一世一代の晴れ舞台というやつだ。光栄に思うがよい」
 男が何を言っているのか、瑪瑙にはよく理解出来なかった。この男――クルトの側近が国を手に入れるなど有り得ぬことだ。盲目の王女と婚礼を挙げたからといって、あのクルトがやすやすと王位を婿へ譲るわけがない。
 ただ、自分があと三日のうちに断頭台へ立たされるということは分かった。これまで自分がしでかしてきた悪行を思えば、苦しまずに死ねるギロチンは破格の刑罰といえよう。
「我が国の決まりでは、処刑前の罪人は、最後に一つだけ望みを聞き届けられる。もちろん、正義と法の許す限りにおいてだが……最後に何か欲しいものはあるか?」
 瑪瑙はのろくかぶりを振る。
「では面会したいものは? 食したいものでもいい――何だ、一つもないのか」
 男は「つまらぬ」と吐き捨て、ブーツの踵を響かせて去っていった。瑪瑙は男の気配が完全に消えると、安堵の息をついた。
「りょう……」
 よかった、本当によかった。
 了は生きている。フレデリカ――王女の側仕えとして、今も生きている。あいつの言い分では、これから先も、当分、命を脅かされることはないだろう。

(じゅうぶんだ)

〈最後の願い〉とやらで、了に再びまみえるわけにはいかない。そんなことをしたら、これから先の了の人生を暗く塗りつぶしてしまうから。
 瑪瑙は冷たい床の上で、意識を手放す。目元から涙が伝うことはもうなく、口唇がほんの少しだけやわらかく綻んでいた。


☆次回は7月7日(水)夜9時頃更新予定です。どうぞお楽しみに♪


00:00, Thursday, Jul 01, 2010 ¦ 固定リンク ¦ コメント(11) ¦ コメントを書く ¦ トラックバック(0) ¦ 携帯

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://www.thanatos-bl.com/machina/serial/blog.cgi/20100701000000

■コメント

言葉の一つ一つに重みがありやはりオヤジはカッコイイです。
オヤジはいつの世どこの世界でも輝いていなければ(笑)

物語もどんどん佳境は向かっていきますね。
遅ればせながらのコメントですが次回も楽しみにしてます。


名前: エシディシさん ¦ 10:31, Thursday, Sep 16, 2010 ×


あれ?
まとめ読みをしようとうかがったのですが
更新先が引っ越しになったのですか?


名前: すう ¦ 21:38, Monday, Oct 18, 2010 ×


これらのレプリカのハンドバッグは、で出てくる行うに私の好きな%uE2808B%uE2808Bthnigsの一つは、(おそらく極めてsockingされていない)デザイナーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても、私は絶対にレプリカブライトリングの時計は、彼らが戻ってドロップとして選んだことが大好き。私は、我々が時間内に戻っているようなものになって持ってきて、MONTRESロレックスこれら本当に私が愛している洗練さを披露している!あなたには、いくつかのショッピングのレプリカのハンドバッグのための気分で得ている?私は私が知っている!


名前: Hermes handbags ¦ 17:12, Saturday, May 04, 2013 ×


ーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても


名前: Replica Watches ¦ 14:28, Saturday, May 11, 2013 ×


ーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても


名前: Replica Watches UK ¦ 14:29, Saturday, May 11, 2013 ×


ーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても


名前: Replica Michele watches ¦ 12:52, Thursday, Jun 27, 2013 ×


ーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても


名前: Replica Michele watches ¦ 12:52, Thursday, Jun 27, 2013 ×


私はあなたの文章を読むのが好きですと発%uE8A781は有用なや重要なことである。


名前: Replica Concord Watches ¦ 22:53, Sunday, Jul 28, 2013 ×


少し評価は、千の言葉よりも優れている


名前: Nike Jordan 4 High Heels ¦ 17:45, Monday, Jul 29, 2013 ×


よく書かれていますが、私はあなたが良い書き込むことができると思います!


名前: 2013nike新款氣%uE5A28A鞋 ¦ 11:36, Thursday, Aug 08, 2013 ×


感謝のいい文章を分かち合って、私たちにたいへん役に立つ


名前: Cheap Netherlands Soccer Jersey ¦ 15:08, Saturday, Aug 17, 2013 ×



■コメントを書く

名前:

メールアドレス(任意):
    

URL(任意):

この情報を登録する

内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

最新エピソードへ

act11

act10

act9

act8

act7

act6

act5-2

act5

act4

act3

act2

act1

プロローグ

Cheap RCD Espanypol .. on act5

Cheap Sweden Soccer .. on act9

Cheap Netherlands So .. on act11

耐吉童鞋型%uE98C84 on プロローグ

耐吉童鞋目%uE98C84 on act5

2013nike新款高跟鞋 on act3

2013nike人氣高跟鞋目 .. on act2

nike洞洞鞋 奧運版男生 .. on act1

nike休閑鞋目%uE98C84 on act9

2013nike新款休閑鞋 on act10

2013nike新款氣%uE5A2 .. on act11

Nike Air Max High He .. on act3

Cheap Nike Heels for .. on act1

Nike Jordan 9 High H .. on act4

Nike Jordan 8 High H .. on act7

2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
   URLを携帯に送る

top


Powered by CGI RESCUE