≪ act9  ¦ トップページ ¦ act11 ≫


act10

 10

 □□□

 城門の前で蒸気自動車がゆっくりと停止し、運転手がうやうやしくドアを開ける。
 了は先に蒸気自動車から降りると、フレデリカのために素早く車椅子をセットした。
「気象予報士の見立てでは、今日いっぱいはいいお天気が続くはずだったのに」
 フレデリカは曇天を見上げ、小雨を手のひらに受けながら恨めしげな顔をした。雨の日は髪が膨らんでしまうから嫌いなのだそうだ。
 瑪瑙が姿を消してから、早ひと月が経とうとしていた。
 倒れてから数日の記憶がないが、ネイのおかげで了は体調を持ち直し、こうして任務へ復帰することが出来た。
 目覚めたらすぐ、瑪瑙に会いたかった。
 それなのに、瑪瑙の姿は宿舎のどこを探しても見当たらなかった。通いの召使いたちが何かを知っているのではないかと思い、了は召使いが訪れるたびにすぐにドアを開け、話を聞きだそうと試みた。
 しかし、通いの召使いたちの顔ぶれは、了が体調を崩す前とまるっきり変わっていた。
 田舎なまりのある、自分より年下の召使いをつかまえて聞きだしたところ、王宮では今、大きな祝い事を控えているそうで、その準備のために、召使いの頭数が足りなくなっているという。
 そこで、人員不足を補うため、エーレンフェルス家と縁続きの家から、信用のおける召使いが徴収されているのだとか。彼らは全員、瑪瑙のことなど知らなかった。
 まるで、〈瑪瑙〉などという人間は始めから存在していなかったかのように。

(そんな、嘘だ。どうして――)

 了は瑪瑙の行方を探したくてたまらなかったが、手がかりらしきものはほとんど何も残されていなかった。瑪瑙の荷物は、了が昏睡している間に着替えや持ち物など、綺麗さっぱりなくなっていた。
 手つかずのものは、了の枕元にあった白い薔薇の花束と、花束にちょんと添えられたカモミール。それから、瑪瑙が育てていたハーブの鉢植えくらいだった。
 ハーブといったって、了にはどれが何という名前のものなのかも分からない。その辺に生えている雑草と大して変わらない、花も実もない貧相な葉っぱ。
 だが、これらの鉢植えは世話をする者がいなくなってもすぐには枯れず、了が少し水をやっただけで色艶を取り戻した。
 清涼な香りのするハーブ。眠りにつく前によく、瑪瑙はこれらの鉢植えから少しずつ葉を摘んで、ハーブのお茶を淹れてくれた。
 そうだ、初めて出会った時にも、了の緊張をほぐすために淹れてくれたのだった――いくつものハーブの鉢植えは、瑪瑙が確かにここにいた証だ。
 他には何かないだろうか?
 了は身体が起こせるようになると宿舎中を探した。
 ベッドサイドのチェストにあるメモに気がついたのは、動けるようになってからずいぶん後だった。近くにありすぎて逆に気づかなかったのだ。

“探すな”

 メモに書かれていたのは、たったそれだけ。
 書いた時、瑪瑙は相当急いでいたのか、ただでさえ読みづらい文字が余計に読みにくかった。瑪瑙は自分自身はすばらしく美しいくせに、字はとても汚い。
 みみずののたくったようなその文字は以前見せてもらった、偽の仕分け帳と同じものだ。
 商売上の理由で、わざと読みにくいよう暗号を使っているのかと聞いてみたことがある。
「うるさい。元々、こっちの、無くした方が利き手だったんだ」
 その日の夜はたっぷりと仕返しをされた。
 鉄面皮で、何の弱点もなさそうな瑪瑙がそんな小さなことで拗ねるのは意外で、可愛いと思ったものだ。

(探すな、か)

 了のために医者――ネイを呼んでくれた時点で、彼は自分を殺すのをやめたということが分かる。
 どうして瑪瑙は暗殺指令を放棄して、行方をくらませてしまったのだろう。
 いくら考えても分からなかった。
 ネイは瑪瑙を見るなり「あの男に気をつけろ」と言っていた。なぜ急にそんなことを言われるのかわけが分からず、ひどく戸惑ったのを覚えている。
 瑪瑙の何に気をつけろというのだろう。彼はこんなにも優しくて、いい人なのに。あの時の自分は本当に何も――何も、知らなかった。
 今なら分かる。瑪瑙は殺し屋で、ネイはそのことを知っていたのだ。けれども瑪瑙のいる前で自分にそうと伝えるわけにもいかず、あんな思わせぶりな忠告をするしかなかったのだ――と。
 ネイの忠告は本物だった。どこから仕入れてきたのかは分からないが、握っている情報も正しいものだった。
 ――ならば、逆にネイを利用すればいいのではないか?
〈利用〉というと人聞きが悪いし、少し違う。了にネイをないがしろにするつもりはこれっぽっちもない。ネイはクローネ、いや、この世界に存在する自分の唯一の家族だ。
 家族――そう、ネイにはこれまで自分を育ててもらった大恩がある。やっと夜の国の兵士という職を得て、毎月幾許かの給金を渡せるようになり、その恩を僅かずつ返せるようになってきたところだ。

(やっと親孝行出来るって思ってたんだけどな)

 結局、自分一人でやれることなんて何もなかった。現在の己の体調や立場の都合で、自由に街へ出ることも出来ないのだから。
 了は身体が快復しきるまで、三日おきにメンテナンスに現れるネイに、これまでの成り行きと、自分の気持ちを包み隠さず告白した。さすがに身体の関係があるとまでは話せなかったが、瑪瑙を好きだという想いのありったけを吐き出した。
 ネイは了から改めて想いを打ち明けられたことに驚いていたが、了の気持ちそのものは既に察していたようだった。
 気持ちを打ち明ける上で、ばかにされたり呆れられたりするのではないか――と、了が最も懸念を抱いていた部分、『同性を好きだということ』については特に何も触れてこなかった。
「ネイ、知っていることがあるんなら教えてくれ。俺にやれることなんかあんまりないけど、ネイが前に作ろうとしていた変な新薬の実験台になったっていい」
 瑪瑙がここから出て行くとしたら、一旦クローネの街を通るはずだし、瑪瑙ほどの器量を持つ人間が街をうろついていたら、もしかしたら誰かの目に止まるかもしれない。
 そして――目撃情報があったなら、根気よく情報を手繰っていけば、瑪瑙のもとへとたどり着けるかもしれない。
 しかし、ネイはそんな了の問いかけに対して苦々しく口角を引き結び、重い声で言った。
「もう、あれとは関わるな。分かっているだろう、あれは暗殺請負人だ。〈組織〉の中でも最も裏側の部分で生きる、恐ろしい殺人者なのだ」
「……」
 確かに――瑪瑙は自分を殺すため、側近の誰かから送られた刺客だった。
 ネイから聞いた話によると、瑪瑙は裏の世界で〈隻腕の死天使〉という二つ名で知られる暗殺者(アサシン)だったそうだ。
〈隻腕の死天使〉は、殺しにナイフや紐など、目に見える凶器を使わない。
〈隻腕の死天使〉が使うのは〈毒〉。
 しかも、その毒は今の科学では検出不可能といわれているそうだ。
 だが、瑪瑙はそんなものを常に携帯してはいなかったと思う。おかしなものを飲み食いさせられたような覚えもない。了がそう言うと、ネイは声をひそめて続けた。
「あれの〈毒〉は自分自身(、、、、)だ。皮膚の下を流れる血の隅々まで毒が染みこんでいて、体液を交換することによって目的を果たす。そう、あれは情を交わした相手を殺すのだ」
 身に覚えがあるだろうと問われ、了の顔が茹で上がった。
「……何だ、今さらそんなこと、ここでお前たちを初めて見かけた時から気がついていたさ。だが、もう分かっただろう? あれが色目を使ってくるのが、決して好意などといった甘い感情からではないと」

 ――そうだ、分かっている。

 瑪瑙の優しいそぶりは嘘。
 簡単に吐かれた『好きだ』という台詞も嘘。
 豪商の生まれで、王室に陶磁器を卸している――身の上話も全て嘘だった。
 了は本当の瑪瑙を何一つ知らない。
〈知らない〉ということが、これほど苦しいものだということも、知らなかった。

 一方――。
 王宮は現在、喜びに沸いていた。
 いよいよ王女フレデリカ・エーレンフェルスの結婚相手が正式に決まったからだ。
 召使いたちが入れ替わったのはこのためだ。王族の婚礼は国をあげての祭事となる。
 フレデリカの相手はなんと、クルトの一番の側近、ヴェレ・フリートハイム。
 夫というより父といった方がしっくりくる相手だ。いかにも政治のためにとってつけた結婚だが、そんなことを揶揄する者はいなかった――少なくとも、表向きは。
 ヴェレとフレデリカは了が昏睡している間に、国民に対し正式に二人の婚約を発表し、婚礼は三週間後と定めていた。
 瞬く間にそのニュースは国の内外へ駆け巡り、多くの貴族や有力者たちが祝福に駆けつけた。
 ヴェレは国政に携わっている関係で忙しく、また、籍を入れるまではエーレンフェルス家の臣下という立場を崩さず、パーティーなどに招待されても全て辞退しているようだった。
 しかし、フレデリカの方はそうはいかない。
 婚約が成立してからというもの、連日連夜どこかの会食やパーティーに招待され、休む暇など全くなかった。
 フレデリカはヤマトの末裔である了を、自らの護衛として、どんな場所へも堂々と連れて歩いた。
 そのおかげで、奇異の目で眺められ、始めのうちこそフレデリカの不在を狙って水をかけられたり陰口を叩かれたりはしたものの、あからさまな差別はずいぶんと減っていた。
 了はフレデリカに、「こんな調子では身体を壊してしまうのではないか」と進言してみたが、フレデリカは首を横にして儚く微笑んだ。
「かえって気が紛れます」
 一理ある。
 了も、フレデリカと共に忙しなく働いていることで、瑪瑙がいなくなってしまった大きな空白を埋められているのだから。
 そして、やはりフレデリカはこの婚姻を望んでなどいないのだ。
 フレデリカが愛しているのは実の兄、ユリウス。
 夜の国において、同族婚は禁じられてはいないものの、公にはまず歓迎されない。
 彼ら兄妹においてはなおさら、結ばれることは難しいだろう。
 ユリウスの内面は子供と変わらず、フレデリカの目と足は空を見上げることも大地を踏みしめることもできない。
 自分自身のことすら助けなしにこなすことは難しいのに、はたして夫婦となって相手を支えることが出来るかどうか……。
 二人が名もない平民ならまだよかった。
 籍を入れられるのかどうか、了には分からないが、今までしてきたように二人きりの閉じた世界で睦みあっていけばいい。
 だが、ユリウスもフレデリカもこの国の王子と王女なのだ。
 もしも夫婦となるのなら、国内はもちろん、他国の王族や貴族、宰相などとも積極的に関わっていかなくてはならない。
 現在のように、政治的な物事を側近たちに丸投げしてしまうにせよ、国の顔として社交の場に出ないわけにはいかなくなる。フレデリカはともかく、王がユリウスでは話にならない。
 ユリウスといえば、フレデリカが婚約したということもあまりよく分かっていないようだった。いや、最近のユリウスは以前にましておかしな言動が増えている。
 普段は寄りつきもしないヴェレにやたらとくっつきたがったり、誰にも告げぬまま城を抜けだし、一人でクローネ市街のあちこちをうろついていたりしたらしい。あの太ったメイド、ハンナはさぞかし頭を抱えていることだろう。
 婚礼の儀式が行われるのは、もう三日後。
 目と鼻の先まで予定が迫ってきている。
 クローネの街には連日、市が立ち、大道芸人や地方からやってきた物売りなどで賑わっていた。騒がしい街中を蒸気自動車の中から遠目に眺めていると、了はどうしてもあの太陽のような金髪と、片腕のないシルエットを目で探してしまう――。

「……了?」

 フレデリカに呼びかけられ、了ははっと我に返った。
 まずい、任務中だというのにすっかり瑪瑙のことばかりを考えていた。
 主が雨に濡れて風邪をひかぬよう、急いで正門から城の中へ入ったところまではよかったが、庭園が見渡せる回廊へやって来たところで了の足は止まってしまっていた。
「どうかしたのですか、了?」
 フレデリカは今日も髪をアップにして、地味なモスグリーンのドレスを着ている。十八も年上の結婚相手、ヴェレに合わせたコーディネートなのだろう。
 だが、了の目にはそのドレスはあまり彼女に合っているようには思えなかった。
 彼女にはもっと華やかな色の、可愛らしいデザインの方が似合うのに。ユリウスから聞いた話だと、ウエディングドレスでさえ肌の露出が少ない、地味なものが用意されているとか――。
 了は車椅子のグリップを握り直すと、申し訳ありませんと頭を下げた。
「少し、考えごとをしていました。すぐにお部屋へ戻ります」
「あなたも疲れているのでしょう。この後……式典まではもう外へ出かける予定は入れてありません。そろそろお医者さまに〈メンテナンス〉を受けなくてはならないのでしょう? 今日はもうけっこうですから、下がって休みなさい」
「え?」
 盲目の主にばれてしまうほど、疲れた顔や声をしているのだろうか。
 自分などより、フレデリカの心中の方がよほど苦しいだろうし、連日行われているパーティーで鬱憤もたまっているだろうに――。
 側仕えの自分がこんな有様ではいけない。了はわざとおどけて言った。
「フレデリカさまは、ここ何日かでずいぶん老けてしまったようですね」
「まあ。了ったら、ひどいわ」
 フレデリカは透きとおったグレイの瞳を丸くした。
「だって、ずっと髪をひっつめていらっしゃいますし、お召し物もぱっとしないものばかり。それに、ほら」
 了はそっとフレデリカの眉間に触れてみせる。
「ここにもしわが寄りっぱなしです。眉間のしわって固定するらしいですよ。ご存知でしたか?」
「えっ……そ、そうなのですか?」
「ええ。まあ、フレデリカさまがあと二十年ほどお年を召されたら――の、お話ですが」
「もう、からかって!」
 了は車椅子をフレデリカの部屋の前へ着け、ドアを開ける。
 その途端、部屋の中から甘い花の香りが漂ってきた。テーブルの上や出窓の上、あちこちに真紅の薔薇が飾られている。
「すごい。これは、ヴェレさまが?」
「目の見えないわたしが触れても大丈夫なように、棘は全部抜かせてあるそうです。でもわたし……薔薇の花は好きですが、部屋の中をこんなに埋めつくされて、息がつまりそう」
 ほんの少しだけ元気を取り戻したかに見えたフレデリカは、また俯いてしまう。
「息がつまるのなら、思いきって窓を開ければいいんです」
「了……」
 了は車椅子から手を離し、フレデリカの部屋の北側と西側の窓をそれぞれ開けて回った。たちまち新しい空気が室内に入りこみ、濃い薔薇の香りが薄まっていく。
「ね、簡単でしょう? それにしても、どうしてヴェレさまはこんなにたくさんの薔薇をフレデリカさまに贈られたのでしょう?」
「『愛情』『情熱』『あなたを愛します』……赤い薔薇の花言葉です。きっと、ヴェレはわたしにこの花を贈ることでそう伝えているつもりなのでしょう」
「花言葉?」
 初めて聞く単語だ。
「草花はそれぞれ、見た目の色や香りが違っているでしょう? 花そのものや花束を使って、それぞれの印象や性質を言葉に置き換えて、直接言葉を交わさなくてもお互いに分かり合える手段のことです。同じ薔薇でも、黄色と白では全然違うのですよ」
「へえ、そうなんですか。じゃあ、白い薔薇の花言葉は?」
「『尊敬』『純潔』『私はあなたにふさわしい』」
 私はあなたにふさわしい――フレデリカの声が了の脳内で瑪瑙のものにすり替わり、了の心臓が大きく跳ねた。
「カモミールにも、花言葉はあるのでしょうか?」
「もちろんです」
 フレデリカはすらすらと答え、風が気持ちいいと言って久しぶりに笑った。小雨はいつの間にか止んでいて、窓からはオレンジ色の太陽がよく見えた。


☆次回は7月1日(木)0時ごろ更新予定です。どうぞお楽しみに♪


by 玉置真珠 ¦ 00:00, Thursday, Jun 24, 2010 ¦ 固定リンク ¦ コメント(8) ¦ コメントを書く ¦ 携帯

■コメント

これらのレプリカのハンドバッグは、で出てくる行うに私の好きな%uE2808B%uE2808Bthnigsの一つは、(おそらく極めてsockingされていない)デザイナーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても、私は絶対にレプリカブライトリングの時計は、彼らが戻ってドロップとして選んだことが大好き。私は、我々が時間内に戻っているようなものになって持ってきて、MONTRESロレックスこれら本当に私が愛している洗練さを披露している!あなたには、いくつかのショッピングのレプリカのハンドバッグのための気分で得ている?私は私が知っている!


名前: Hermes handbags ¦ 17:04, Saturday, May 04, 2013 ×


これらのレプリカのハンドバッグは、で出てくる行うに私の好きな%uE2808B%uE2808Bthnigsの一つは、(おそらく極めてsockingされていない)デザイナーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても、私は絶対にレプリカブライトリングの時計は、彼らが戻ってドロップとして選んだことが大好き。私は、我々が時間内に戻っているようなものになって持ってきて、MONTRESロレックスこれら本当に私が愛している洗練さを披露している!あなたには、いくつかのショッピングのレプリカのハンドバッグのための気分で得ている?私は私が知っている!


名前: Hermes handbags ¦ 17:06, Saturday, May 04, 2013 ×


釣魚島は私%uE8BEBEの中国の、小日本は退去せよ


名前: Replica Watches UK ¦ 14:26, Saturday, May 11, 2013 ×


それはそうであっても、私は絶対にレプリカブライトリングの時計は、彼らが戻ってドロップとして選んだことが大好き。私は、我々が時間内に戻っているようなものになって持ってきて、MONTRESロレックスこれら本当に私が愛している洗練さを披露している!あなたには、いくつかのショッピングのレプリカのハンドバッグのための気分で得ている?私は私が知っている!


名前: Replica Watches UK ¦ 14:27, Saturday, May 11, 2013 ×


ーのレプリカのハンドバッグを見てですが、私は広告が英国に悪影響を及ぼす可能性があると思います、私は実際にそれらのすべてを見て愛しているので、驚くべきものだ。それは奇妙な人が実際に広告が好き傷つけるのですか?まあ、それはそうであっても


名前: Replica Mido watches ¦ 12:53, Thursday, Jun 27, 2013 ×


私はあなたの文章を読むのが好きですと発%uE8A781は有用なや重要なことである。


名前: Replica Maurice Lacroix Watches ¦ 22:54, Sunday, Jul 28, 2013 ×


少し評価は、千の言葉よりも優れている


名前: Nike Jordan 5 High Heels ¦ 17:46, Monday, Jul 29, 2013 ×


よく書かれていますが、私はあなたが良い書き込むことができると思います!


名前: 2013nike新款休閑鞋 ¦ 11:37, Thursday, Aug 08, 2013 ×



■コメントを書く

名前:

メールアドレス(任意):
    

URL(任意):

この情報を登録する

内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

最新エピソードへ

act11

act10

act9

act8

act7

act6

act5-2

act5

act4

act3

act2

act1

プロローグ

Cheap RCD Espanypol .. on act5

Cheap Sweden Soccer .. on act9

Cheap Netherlands So .. on act11

耐吉童鞋型%uE98C84 on プロローグ

耐吉童鞋目%uE98C84 on act5

2013nike新款高跟鞋 on act3

2013nike人氣高跟鞋目 .. on act2

nike洞洞鞋 奧運版男生 .. on act1

nike休閑鞋目%uE98C84 on act9

2013nike新款休閑鞋 on act10

2013nike新款氣%uE5A2 .. on act11

Nike Air Max High He .. on act3

Cheap Nike Heels for .. on act1

Nike Jordan 9 High H .. on act4

Nike Jordan 8 High H .. on act7

2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
   URLを携帯に送る

top


Powered by CGI RESCUE